調剤薬局事務講座

調剤事務とは調剤薬局で薬剤師の業務をサポートする仕事です。

医療機関で診察を受けて、調剤薬局に処方せんを持って薬を受け取りにいくと受付窓口

で対応してくれる人が調剤事務です。

調剤薬局事務は、調剤薬局の事務全般を担う仕事です。

日々の主な仕事は、受付窓口での患者対応、調剤する薬剤に関する書類の​管理、会計

業務、処方せんなどのデータ入力、そして調剤事務の要の業務は、レセプト作成業務

です。この業務は医療事務でも同じなのですが、仕事の幅といいますか、範囲、領域に

大きな違いがあります。

調剤薬剤事務は、薬剤に関する業務、対応が主になります。医療事務のほうが、医療に関する勉強の領域が広範囲になります。こういうところの違いが、あることで

調剤薬局事務は薬剤に関する専門の領域の勉強なので、短期間で頑張れば試験も合格でき就業もたとえ未経験でも採用率が高いです。

そして、活躍の場は日本全国の調剤薬局の数はコンビニの数以上もあり働く場所は自宅近くにあります。

フラップスメディカルサポートの

​特色1

​☆現役のプロフェッシェナルが医療現場直結のスキル・ノウハウをわかりやすく指導!!現場で実務能力を発揮できる!☆

​特色2

​☆補習制度あり!(予約制)資格取得までサポート

​特色3

​☆調剤事務認定実務者試験は在宅受験団体受験か選べます。

​特色4

☆割引制度あり☆

シングルマザー、生活保護を受けておられる方

ご相談ください。

​調剤薬局事務事務を学ぶメリット

その1.資格を取得していれば未経験でも採用されやすく就業につながりやすいです。

その2.診療所・クリニックの医療事務によく似た業務内容でも調剤薬局は、専門の特化した内容で医療事務より

    学習量も半分以下なので短期間で学べます。

その3.医療事務の資格と同じように扱われることがありますが、実際は調剤薬局ならではのルールがあり専門の

    勉強をすることで就業後もスムーズに業務に入っていくことができます。

​調剤薬局で実際に勤務している方の経験談

​私は医療事務ではなく、調剤事務講座で薬の専門の勉強をしたことが仕事上とても

役に立っています。就業面接のときも調剤事務試験に合格していることを評価されました。何より処方せんが読めることも即、採用にしていただけたのだと感じました。

​結婚後、主人の転勤があることで自分の仕事も専門的な仕事であれば住む地域がかわっても全国に調剤薬局はあるのでどこに引っ越しても長く続けていけるだろうと安心して頑張ることができました。

​医療事務と調剤事務とどちらを​勉強するか迷いましたが、産休を機会に調剤事務の通学講座で家族に赤ちゃんを預けて短期間で勉強し、すぐに試験も合格でき、今は子育てしながらパートで働いています。

​令和元年 11月講座

5回の集中講座+試験合格・資格取得までのサポート

 

平日クラス 4時間×5日間 ➡ 30,000円(税込み)

お電話&ファックス

電話番号:06-7182-7575  FAX :06-6389-6800

© 2017

FLAPS medical support プライバシーポリシーについて

 

copyright ⓒ2017フラップスメディカルサポート All Rights Reserved